社会に適応した大人になる幼児教育

大人でも忍耐力が無い人がたくさんいますが、子供というのは、やりたいことを衝動的にやりたいと思うことで行動に移しています。しかし、幼児教育の中でこの忍耐力を知ることによって、より社会に適応した子供から、大人になっていくことができます。ついつい子供の学力を上げたいと思っている親御さんは、より学力を高める教育をしてしまいます。しかし、幼児期というのは学力を高めるよりも、人間にとって必要となる、忍耐力や協調性を身につけるにもとてもいい時期になるといわれています。我儘し放題で育っていると、実は大人になっても他人の痛みを分からずに、好き勝手やってしまい、何が悪いのかの判断ができなくなります。しかし、幼児教育において、そういった教育を重視していると、何よりも子供たちの将来が大きく開けてきて変わってきます。

将来のための幼児教育の重要性

幼児教育の中には、積極的に本に触れることがあります。子供の感受性を受けやすい本を読むことによって、いろいろな発想が生まれてきます。文字などを読むことができないので、絵を中心とした物語を読んであげたりすることで、本に書いてあるストーリーを自分なりに解釈したイメージを育てることができます。人にとって大事な感受性ですから、いろいろな面で子供にインパクトを与えることができ、喜怒哀楽を表現できる人間へと育っていきます。喜ぶことだけではなく怒ることや、哀しむことそして楽しむことを覚えていくことによって、より人間として素晴らしい感性を持つことができます。人は教えることよりも、感じることの方が記憶として残りやすく、とくに幼児教育ではこの段階の子供こそ、将来のために知っておく感受性を培っていくべきだと考えています。

活発に動ける幼児教育

幼児教育では、いろいろな体の動きを通して身体機能をアップさせることもあります。体の動きというのは、まだ幼児期では上手く使えないことから、慣れさせるためにもいろいろな動きを加えていくことが望ましいです。通常の生活であれば、公園で遊んだりすることも動きが付きますが、バランス能力を発達させたりジャンプすることによって、空中でのバランスもとれるようになります。早いうちからそういった身体能力をつけさせることによって、より活発な動きができるようになり、なおかつ脳内細胞も活性化します。脳内細胞が活性化することによって、物覚えが良くなったり、目で見たものを瞬時に覚えるようになります。こういったことは子供が「覚えなくてはいけない」とはならずに、自然の中で覚えるようになるので、いつの間にかいろいろなことができるようになります。

幼児教育の実態です