幼児教育によって学力が向上する

子供のころの幼児教育というのは、ちゃんととらえることによって脳の発達にとても大きな影響を示します。学力が低いということがいわれ始めるのは、だいたいは小学校に入り、そして中学高校までそういった勉強をする環境が続きます。しかし、多くの場合には、小学生あたりで優秀だという子供は、だいたい中学高校でも優秀に過ごしており、幼児期の発達によって学習能力に差が出てくるといっても、過言ではありません。そいいった重要な時期になる幼児教育ですが、自発的な子供になることが一番の近道になります。自発的になるということは、自分の欲求をより満たすために何が必要なのかを考えることになります。何か欲しいものがあると、奪うのではなく、何をすると欲しいものが手に入るのかを知っておくと、自発的に勉強などもするようになります。欲求のコントロールになりますが、子供のころから経験しておくべきです。

将来の伸びる能力に繋がる幼児教育

将来の伸びる能力に繋がる幼児教育は2~3歳からの学習法で基礎を作る事ができます。身体能力を高めるには、鉄棒にぶら下がったり、階段を上り下りをするなどは2~3歳で行うには身体能力を高めるとともに、ぶら下がっている時や階段の上り下りをしている時には数を数えながら行うと数への興味も子供が持つようになります。ドングリや大豆などを指先でつまんだり、つまんだ物をペットボトルに入れる作業を行うと、指先のつまむ行為だけでなく、小さな定まった位置で離す行為は、巧緻性や判断力を養うだけでなく、脳や腕、指先へ指令が伝達する事ができ、効果的にシナプスを増加させます。段ボール紙や厚紙の周りにパンチで穴を開けたり、毛糸などの太めの糸を穴に通していくと巧緻性を高める事ができ集中力を養う事ができます。毛糸の先にはセロハンテープを使って固めてあげるのがおすすめです。

集中力のある子供を育てる幼児教育

集中力のある子供に育てる幼少期の土台作りは幼児教育で育む方法があります。まず、小さな目標を立てる事がからはじめます。大きな目標を立ててしまうと、何から行っていいかわからなくなり、やる気がなくなってしまいます。わかりやすい小さな目標を立てる事からはじめると取り掛かりやすく終わりが見えるので集中力を高める事ができます。小さな目標を立てる事によって毎日達成感を得る事ができ、継続する力も育てる事ができます。集中力は長時間継続する事は難しい事です。休憩を取らないで続けていても効率が下がってしまいます。集中できる継続時間は、小学校1年生で平均で20分程度、学年が上がると共に、継続時間が増えていき高学年には50分程度です。そこで小学校低学年では20~30分勉強したら10分休憩をして、高学年では50分勉強したら10分休憩と適度な休憩は必要です。

想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 幼児教育が自立心を育てるなら伸芽会